むよろぐ

ミヤマヒラタ

ようやく梅雨も明けましたね。

でも、この暑さには少々バテ気味です・・・

暑いときはクーラーの効いた虫部屋が快適です。
人間の居住スペースは節電の為エアコン我慢しています。


ミヤマヒラタ1
ミヤマヒラタ2
ミヤマヒラタ(台湾)
羽化してました。

マット飼育品
大きい方で52mm程です。
小さめのヒラタですが、ずんぐりした体型が愛らしいです。
スポンサーサイト
  1. 2011/07/10(日) 19:05:38|
  2. ヒラタ系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

地味な虫2点

古いマットに入れっぱなしだった石垣島産サキシマヒラタですが、
1頭が思ってたより大きく羽化していました。



サキシマ
70mm位

比較的簡単に大きくなりやすい種類ですが、
昔飼育してたときはどうだったっけ?と思い
我が家の古いテキトー標本箱を覗いてみたところ75mm~76mm位がマイギネスだったみたい
マット飼育で70mm後半となると意外と難しいかな
とりあえず目標ということで次世代80mmで!





こちらは福建省光沢県産ホーぺ
ホーぺ
75mm位

胴長で決して美形ではありませんが・・・

最近はあまり人気のないホーぺですが

そうなると同じ産地からはもう入ってこない。

入ってこないとなると、とりあえず累代しちゃうので

一度はじめた虫をやめるきっかけは難しいですね

  1. 2010/07/26(月) 00:57:13|
  2. ヒラタ系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

サキシマヒラタ

少し前に、サキシマヒラタF1羽化していました。
サキシマヒラタ♂F1
石垣島産  サイズは計ってませんが60mm未満です。


種親は、去年の夏に旅行に行った時に、夜中に山沿いの自販機の明かりに集まってきたのを拾ってきました。
サキシマ♂WILD
写りが悪いですが、採集当時の種親画像。

オリオンビールに
持ち帰る容器もなかったのでこんな中に入れていました。
たまに飲むとなぜかすごく旨く感じるオリオンビール
2ペア、4頭入れるために、がんばって4本飲みました。


昔、まだ外産が解禁になる前は、国内では最大級の種類ということで魅力もあり僕も飼育した覚えがあります。
最近では普通種ですし今更飼育している方も少ないと思いますが・・・

まあ、自己採集品ということでとりあえず最大級の個体を羽化させるまで続けてみます。


サイズはあまり期待出来そうにありませんが、この後、結構羽化してきそうです。
飼ってくれる方いませんかー?
  1. 2010/06/19(土) 20:50:19|
  2. ヒラタ系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

シイタケ菌糸ビン

目新しいネタもなく少々サボってしまいました。

先週末は上野公園で野郎4名で花見。
ほぼ満開な感じで、調子に乗って飲みすぎでしまいました。

手前の駅までは起きていたんですが、一瞬目を閉じて外を見ると・・
あれレ?・・また最寄駅を通り過ぎ出しまいました・・・

タクシー代ももったいないので反省の意味もこめて、もちろん歩いて帰りました

で、歩いて帰ると言えば・・・

もちろんコレ
シイタケ菌
「アルキデスヒラタ」

ベテランのブリーダーさんではあまり飼育している人は少ないかも知れませんが
僕は昔、苦い思い出が・・・


当時短歯♂と♀のペアを購入。
3日後首チョンパになった♀発見

終了・・・・


そんなこともありまして、昨年末、たまたまショップで見かけたWILD♀から久々のリベンジをかけて採卵してみた次第です。


体長の変化に比例せず、歯型の変化が大きいのはブリードの楽しみを大きくしてくれますね。




ところで、画像では分かりにくいかもしれませんが、マット飼育でガラスビンの内側が粉っぽくなることがあります。
実はこれはシイタケの菌糸です。(画像の上のほうが分かりやすい)

シイタケ菌糸が蔓延したビンでは幼虫はなかなか見えるところに現れず、ある日急に見える部分に現れたときにはかなり成長していることが多いです。
シイタケの菌糸ビンをわざわざ作っているわけではありませんが、シイタケ菌糸が生きていた場合、「菌糸ビン」的な状況になる場合がよくあります。クワガタたちは、この環境もそれなりに気に入って、いわゆる「居食い」をしているようです。



ちなみに僕は、唯一食べられない食材がしいたけです・・・


  1. 2010/04/04(日) 20:55:06|
  2. ヒラタ系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

サキシマヒラタマット交換

こんばんは~
窓の外は雪ですね
今シーズン初めてです。

こんな夜はクワ世話ですね。

で、本日もマット飼育している幼虫のエサ交換を。
2010sakishima2
マットは自家製です。
発酵マット作りが大好きなもので・・・

上のボトルはサキシマヒラタのボトルです。
最近はサキシマヒラタを飼育している人なんて少ないと思いますが、
何で今更サキシマかと言うと、夏休みに家族旅行で石垣島に行った時に、夜中にホテルを抜け出して一人こっそり採集してきました・・・
真っ暗で怖かったな~
さすがに知らないところで夜の山に入る勇気はなくて自販機の明かりで拾ってきたんですけどね。
で、久しぶりにサキシマをブリードしてみることに。
2010sakishima
種親50mm


そんでもって今回ボトルを掘り出して出てきたのが下の幼虫なんですけど
2010sakishima3
僕には♀に見えるんですが・・・たぶん・・・
♀だとしたら結構重たいような・・・

mesusakishima100201
でも絶対♀だと思ってたのに小さい♂になった、なんてことも良くあるので。
最近雌雄判別に自信が持てなくなりました。
  1. 2010/02/02(火) 00:26:12|
  2. ヒラタ系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

FC2Ad